ABOUT

小塚崇彦Takahiko Kozuka
1989年2月27日、愛知県名古屋市でフィギュアスケート一家の長男として生まれる。
3歳でスケートに初挑戦し、5歳の時に幕張で開催された世界選手権を観戦。優勝した佐藤有香氏の演技に感化され、本格的にフィギュアスケートを始める。
9歳の頃、ダブルアクセルが飛べるようになり、1999-2000年シーズンの全日本ジュニア選手権では、試合で初めて3回転を飛ぶ。
また、中京大学付属中京高等学校時代は、スポーツ進学クラスにて競技は違えど同じ目標に向かう仲間に恵まれる。
2005-2006年シーズン、初めて出場したJr.GPファイナルで日本人初優勝。また、世界ジュニア選手権でも優勝を果たす。
2006-2007年シーズンよりシニアに参戦。その年のNHK杯で初の表彰台に上る。4月より、トヨタ自動車に所属しながら中京大学体育学部に進学。
2008-2009年シーズンは、GPシリーズアメリカ大会でGPシリーズ初優勝。その勢いのままGPファイナルにも出場し、総合2位。
翌2009-2010年シーズンは、念願のバンクーバー五輪に出場し、8位入賞。
2010-2011年シーズンでは、GPファイナルで総合3位、また全日本選手権では初優勝を遂げる。3月、東京で開催される予定だった世界選手権が、東日本大震災の影響で中止に。代替地モスクワで5月に開催され2位となる。
その後、2012-2013年シーズンは先天性の臼蓋形成不全と診断され、シーズン後半は治療に専念。
2014-2015年シーズンでは、怪我を乗り越え全日本選手権で3位。ガッツポーズに自分の体がもっていかれる程感情をあらわにするも、2016年3月、フィギュアスケート選手としての現役引退を発表。4月には中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程を修了後、トヨタ自動車の社員として社業に専念。
2017年2月より、トヨタ自動車と新しい関係性を構築し、フィギュアスケートを始めとしたスポーツの普及活動を中心に、活動の幅を拡げて新たなステージに挑戦。

BACK